タレント事業部

所長紹介

美大卒業後、デザイン事務所勤務。エディトリアルから広告、CDジャケット等音楽関連までグラフィックデザインを経験し、企画提案型のデザイン事務所を主宰。
出産を機に一旦、専業主婦に。ママ友とのお付き合いやお受験もひと通り経験。復帰後は大手エステ会社マーケティング、化粧品会社企画・広報、を経て、株式会社モルダリレーションズを設立。
女性のための商材を扱う中で、お客様(女性)の気持ちを何よりも大切にするマーケティングを心掛ける。その繊細なノウハウを生かしたマーケティングを提唱している。
執筆には特に定評があり、文章を担当するWEBランディングページは2ケタにも上る驚異のコンバージョンをマークする実績。

所長紹介

高校時代はラグビーに明け暮れ、法政大学経営学部入学後1年次にインターネット関連の学生ベンチャーの立ち上げに参画。 500名規模の独自開発したサバイバルゲームキャンプイベントを主催したり、100名以上の経営者と会うなど、精力的に学生時代を過ごす。大学では、清成ゼミ「ベンチャー企業論」を専攻。また、2ヶ月で全国50箇所の遊園地巡りを果たす。
大学卒業後、カナダ留学を経て、2003年立ち上げに携わったベンチャーに役員として復帰。 新規事業(宿泊施設予約ASP売上UPサービス)の立ち上げを行い、1年半で全くの0から約300社の導入に成功、事業部長として300社の売上アップのコンサルティングを行う。宿泊施設の売り上げ前年
比370%UPを達成。その成果が認められ、東伊豆観光協会のIT担当となり、地域活性化プロジェクトに参画。遊び心を駆使したプロモーションを専門とする傍ら、広報・人事の責任者としても従事。

2006年 株式会社ギャプライズの経営に参画、WEBマーケティングディレクターとして、緻密なその戦略に定評あり。さらに広報・人事に遊び心を付加する「遊び心事業部」を設立。ここで構築した社内制度が話題となり、遊び心プロデューサーとしてメディアの取材を受けるようになる。なかでも「着ぐるみ福利厚生」は、NHK「めざせ!会社の星」にも取り上げられる。
現在は、他社のサービスや制度などに遊び心を付加し、遊び心で会社を活性化するサービスを提供している。

 

お申し込みはこちらから